スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAの作り方 簡単なものを作ってみよう編

りんご5

昨日SAの作り方を書いたら、難しいと不評だったので
今日はもっと簡単なものを作ってみよう編です。
ということで、静物画の練習によく使われるリンゴを作ってみます。

りんご1
まずは白背景に赤い丸を置きます。
日の丸みたいですね。バンザーイ!
丸パーツには欠点があって、上下が切れたような形になっています。
ですが、練習なので気にせず次にいきます。

りんご2
リンゴは日照時間によって赤い部分と黄色い部分があります。
これはハッキリと色の境界がないのでグラデーションを使って
色を重ねていきます。この作業はフィーリングです。
球形を意識しながらパーツを重ねていきましょう。
フラクタル021というパーツを使うとマダラ感が出ます。
少しはみ出てますが、あとから背景色で上書きすれば大丈夫です。

りんご3
次は影をつけていきます。
ここでもやはり球形を意識しながら。
透明度を下げて影が濃くなりすぎないようにしましょう。

りんご4
次はハイライトです。
一番目立つ光を真ん中に置いて、その他は透明度調整して薄い光に。
輪郭線に合わせて細いパーツを置くとボカシ効果も出ます。

りんご5
最後にヘタとリンゴの下の影を入れて完成です。
ここまで所要時間約30分、パーツ数49個です。
リアルに描こうとするともっと難しいと思いますが
練習用と割り切ってみました。

パーツの使い方の参考までに
ダウンロードはこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

れいな

ちょっとリンゴ書いてくる…
ε-(´∀`; )

No title

れいなのリンゴ結構上手かったよ。
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。